02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
産業・経済
2012年2月18日(土)9:00

「宮古島シティ」のみ入札/マリン社ホテル棟売却

保証金4150万円入金/24日の取締役会で決定


公募で売却される予定の宮古島マリンターミナルのホテル棟。1社が入札して買い取りの意思を示した

公募で売却される予定の宮古島マリンターミナルのホテル棟。1社が入札して買い取りの意思を示した

 宮古島市などが出資する第3セクター宮古島マリンターミナル(社長・下地敏彦市長)は17日、同社内でホテル棟売却処分に伴う入札を行った。この結果、宮古島シティーアンドリゾート(西里秀徳社長)1社が入札した。入札保証金4150万円の納金も確認された。マリンターミナル社は今月24日に取締役会を開いて買受人(落札者)を最終決定する。来月上旬には売買契約を締結し、今年度中に残代金の決済と引き渡しを完了する方針だ。


 入札は午後3時から午後3時30分まで行われ、宮古島シティーアンドリゾート以外の入札はなかった。

 マリンターミナル社は今回の公募から取り入れた入札保証金について「証明書が発行されており通帳でも確認した」と説明した。その上で「今後は、書類審査をはじめ要件を満たしているかどうかを精査し、最終的には24日の取締役会で吟味して落札者を承認することになる」とした。

 多額の累積赤字を抱える同社は経営再建に向けてホテル棟の売却を決定。2008年から買取希望企業を公募してきた。しかし、候補企業を決定しても買取の辞退や契約保証金が入金に至らないなどが原因で売却には至っていない。

 この経緯を踏まえ、今回は入札条件に保証金の納金を導入した。「入札保証金の導入により、買うという強い意思を持った企業を絞り込める」(下地社長)という狙いがあった。

 結果として1社が買い取りの意思を示し、ホテル棟の売却に向けて一定のめどが付いた形だ。落札者を最終決定する24日の取締役会が注目される。

 ホテル棟最低売却価格は8億3000万円(土地6400万円、建物7億6600万円)。この金額の5%が入札保証金だった。

 入札条件は①本社の住所が宮古島市にある会社②引き続き雇用を希望する従業員は採用③少なくとも10年間、宴会場は客室などに変更しない④ホテル棟は5年間の転売禁止-など。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!