01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
教育・文化
2012年2月23日(木)9:00

25団体に感謝状贈呈/マティダ開館15周年記念

文化、芸術活動支える


下地市長(左から5人目)と記念撮影する関係者ら=22日、マティダ市民劇場

下地市長(左から5人目)と記念撮影する関係者ら=22日、マティダ市民劇場

 マティダ市民劇場(石垣明良館長)で22日、同館の開館15周年を記念した感謝状贈呈式が行われた。下地敏彦市長と市教育委員会の宮国博教育委員長が劇場の発展に貢献した市婦人連合会(島尻清子会長)など25団体に感謝状を贈った。団体代表らは今後とも文化、芸術活動の拠点を支えていくことに決意を新たにした。


 劇場は1996年、住民の舞台芸術活動を推進し、住民文化の創造に寄与するとともに、住民生活の向上を図ることを目的に開館した。本格的な照明、音響設備を設置。総工費約30億5000万円。固定座席数892席。

 オープン以来、優れた舞台芸術の鑑賞、特に市民団体や芸能団体、教育関係団体の利用が多い。

 06年から今年1月現在の総入場者数は延べ93万3836人。市の人口は1月末現在で5万5102人で、市民1人当たり17回入場したことになる。

 下地市長は開館以来10回以上使用した19団体に感謝状を贈呈。劇場の舞台を通し地域の文化の発展に貢献したことを高く評価した。

 宮国教育長は劇場事業の推進に惜しみない協力で地域の文化向上に寄与した藤間流凰太郎会(池間りつ子会主)など6団体に感謝状を贈った。

 主催者を代表して下地市長は、劇場を支えている市民に感謝した上で「今後とも文化力の向上と舞台芸術活動が円滑に行えるよう設備および舞台技術の充実を図り、より優れた表現空間づくりのために邁進していく」とあいさつ。次いで宮古教育事務所の野原敏之所長、県宮古事務所の黒島師範所長、市議会の富永元順副議長がそれぞれ祝辞を述べた。

 25団体を代表して島尻会長は「文化、芸術舞台の感動は観客を元気づけ地域を活性化させる。劇場は癒やしの場所でもある。これからも利用者たちを大切にしてほしい」と謝辞を述べた。

 感謝状が贈られた団体は次の通り。

 市婦人連合会(島尻清子会長)▽市文化協会(友利吉博会長)▽宮古更生保護女性会(与那覇勝子会長)▽平良中学校(伊志嶺吉作校長)▽花園学園花園幼稚園(新城久恵園長)▽宮古高校(川満健校長)▽宮古地区小中音楽研究会(島袋正彦代表)▽北中学校(亀浜敏郎校長)▽花園保育園(浅野弘子所長)▽あけぼの保育園(下地ヨシ園長)▽宮古地区中学校文化連盟(宮国敏弘代表)▽宮古合唱連盟(洲鎌律子代表)▽宮古商工会議所女性会(古城和子会長)▽クイチャーパラダイス(仲本光正代表)▽市社会福祉協議会(川満省三会長)▽宮古民謡保存協会(波平重夫会長)▽みやこ少年少女合唱団(宮国貴子団長)▽市老人クラブ連合会(上里寛昌会長)▽琉球國祭り太鼓宮古支部(下地悠夢支部長)▽藤間流凰太郎会(池間りつ子会主)▽風の神太鼓(笠原裕子代表)▽宮古テレビ(池間作一代表)▽宮古毎日新聞社(平良覚代表)▽宮古新報(座喜味弘二代表)▽エフエムみやこ(仲里雅彦代表)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!