01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
産業・経済
2012年2月23日(木)9:00

キビ豊作、来期に期待

市長が製糖工場を激励


安村社長(左)に飲料水を贈り激励する下地市長=22日、宮古製糖城辺工場

安村社長(左)に飲料水を贈り激励する下地市長=22日、宮古製糖城辺工場

 下地敏彦市長が22日、宮古製糖城辺工場と沖縄製糖宮古工場を訪問し、操業実績の報告を受けながら激励した。生産量が大幅に減産する厳しい現状を受けて下地市長は「力を合わせて来期頑張ろう」と話した。


 宮糖城辺工場では安村勇社長や長濱哲夫専務らが応対した。長濱専務が20日現在の実績を説明し、搬入量は5万258㌧、平均糖度は13・45度と報告した。


砂川専務(左から2人目)に飲料水を手渡し激励した下地市長=22日、沖縄製糖宮古工場

砂川専務(左から2人目)に飲料水を手渡し激励した下地市長=22日、沖縄製糖宮古工場

 安村社長は「生産量、品質とも厳しい。品質は期待していたが横ばい状態が続いている。ただ、来期に向けて農家が株出し、春植えに意欲を示している。来期に期待したい」と話した。

 機械刈りを選択する農家が増えていることについても話し合い、下地市長はハーベスターの必要台数に対して理解を示した。

 沖糖宮古工場では砂川玄悠専務が21日現在の実績を示した。搬入量は6万4482㌧、平均糖度は14・33度と報告。その上で「厳しい状況にある。農家も一生懸命頑張っているが、気象条件に恵まれなかった」と話した。また「今期の搬入量を8万3000㌧に下方修正した。品質も期待通りの数値ではない」と厳しい成績を重ねて強調した。

 両工場に差し入れをして激励した下地市長は「厳しい現状だが来期に向けて互いに頑張ろう」と話し、残る操業期間における無事故無災害操業を促した。

 両工場のほか、宮糖伊良部工場には長濱政治副市長が訪問して激励を込めた。

 宮古地区の今期サトウキビ生産量は、前期の30万㌧台に比べて大幅に減産する見込みだ。宮糖多良間工場を含めて、4製糖工場に搬入されるサトウキビは計20万㌧台になるとみられ、厳しい状況が続いている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!