08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
イベント
2012年3月6日(火)9:00

平良、野原、真栄城決勝Lへ/第34期宮古本因坊戦

11日、知念本因坊に挑戦


 第34期宮古本因坊戦(主催・宮古毎日新聞社、主管・日本棋院平良支部、協賛・こすみ囲碁教室)の1次予選が4日、同教室で行われた。ブロックトーナメントの結果、平良博彦六段、野原常彰六段、真栄城佑次六段(大阪経済法科大2年)の3人が、11日の決勝リーグに進出した。同リーグは知念一将現本因坊と、1次予選を勝ち抜いた3人の計4人で行われる。


 対局に先立ち宮古毎日新聞社の平良覚社長があいさつし、参加者らの力の限りを尽くした熱戦に期待した。

 1次予選には、23人参加した。対局は互先で行われ、激しい攻防が盤上で繰り広げられた。

 Aブロック決勝は、池間博美六段と真栄城六段の師弟対決となった。師匠の池間六段(黒番)は序盤から厚く打ち進め、打ちやすい形勢。これが楽観につながり、真栄城六段に逆転を許した。打ち終えて並べたところ4目半差だった。

 池間六段は「若者が伝統ある大会で、活躍できたことはうれしい。残り2年の大学生活でも腕を磨いて地元に帰ってきて、成果を発揮してほしい」とエールを送った。

 真栄城六段は「池間先生に勝ったからには、タイトルを狙いたい。勝てるとは思っていなかった」と喜びを語った。

 Bブロックはベテラン同士・野原六段と下地恒輝六段のカード。序盤の折衝で黒番の野原六段がうまく打ち、中盤に入るころには優勢になった。終盤、コウが発生したが下地六段は、コウ材が足りず中押しで敗れた。野原六段は「残れたのは不思議。決勝リーグは、楽しんで打ちたい」と抱負を語った。

 Cブロックは、同期生同士・平良六段と下地祥充五段の対戦となった。白番の平良六段は、地で先行した。中盤、もつれる場面もあったが、これを乗り切り逃げ切った。平良六段は「若手が成長してきているので、対戦が楽しみ。来週は持てる力を出し切って本因坊を取りたい」と返り咲きに意欲を見せた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!