07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2012年3月8日(木)9:00

博愛記念碑など見学/東京都の駿台学園

修学旅行で文化財史跡巡り


砂川会長(手前右)がドイツ皇帝博愛記念碑の歴史を説明した=7日、平良

砂川会長(手前右)がドイツ皇帝博愛記念碑の歴史を説明した=7日、平良

 東京都の駿台学園高校(瀬尾兼吉校長)2年の修学旅行生164人と引率教諭10人が7日、来島。歴史文化ガイドの会(砂川玄正会長)の案内で平良の歴史・文化ロードの文化財史跡を見学した。生徒たちは宮古島の歴史に興味津々の表情を見せていた。


 同校が修学旅行で宮古島に訪れたのは初めて。特進コースとスペシャリストコースの生徒たち。三つのグループに分かれ、県指定史跡のドイツ皇帝博愛記念碑、国指定の仲宗根豊見親の墓、同じく大和井をそれぞれスタート地点として見学した。

 このうち博愛記念碑では、砂川会長が案内役を務めた。「1873年7月、ドイツ商船ロベルトソン号は風と潮に流され、宮古島の宮国沖合に座礁した。宮国の人々が8人の乗組員を救助し、34日間も手厚く介抱した。その後、乗組員たちはドイツに帰国した」と説明した。

 その上で「宮古の人々の救助活動に大変感激したドイツ皇帝ウイルヘルム1世は1876年、軍艦チクロープ号を宮古島に派遣。博愛精神をたたえるために、この地に博愛記念碑を建立した」と語った。

 この後、市指定史跡の「漲水御嶽と石垣」に移動。砂川会長は「漲水御嶽には、宮古島創世神話などがあり、宮古人の源流を探る上からも貴重な御嶽」などと紹介した。

 参加した河内悠晃君は「いろいろな歴史を学んだ。これからゆっくりと考えてみたい」と語った。

 修学旅行は5泊6日の日程。きょう8日は沖縄本島へ移動。平和教育の一環で、嘉手納基地や辺野古の海上基地建設予定地などを見学する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!