08/09
2022
Tue
旧暦:7月12日 赤口 甲 
産業・経済
2012年3月9日(金)9:00

沖糖、再び操業停止

宮糖は時限停止で対応


再び製糖操業を一時的に停止した沖縄製糖宮古工場=8日、下地上地

再び製糖操業を一時的に停止した沖縄製糖宮古工場=8日、下地上地

 製糖操業中の沖縄製糖宮古工場は8日、工場を一時的に停止させた。先月下旬に続いて今期2度目の停止となる。きょう9日まで停止し、10日から運転を再開する予定。宮古製糖城辺工場は時間単位の停止で対応している。


 両工場とも原料不足が要因。雨天続きでハーベスターの稼働率が低下し、工場稼働に必要な原料が搬入されないため、停止や時限停止の措置を取らざるを得ない状況にあるという。

 沖糖は8日朝から原料の搬入も停止し、午後から工場を止めた。砂川玄悠専務は「原料が足りなくて工場を回せない。天気が悪いとハーベスターが入れるほ場と入れないほ場がある」と現状を説明した。

 また、管内に残された原料の多くが機械刈りであるため、コスト面からも1日半の停止はやむを得ないとの考えを示した。
 きょう9日は朝から原料の搬入を開始し、10日から工場の運転を再開する。

 宮糖は7日から時間単位で工場を止めて対応している。同日は5時間、8日は7時間止めた。

 「これまでの操業は手刈り原料で何とか対応してきたが、残りの原料はほとんどが機械刈り」とし、沖糖と同様、機械刈り原料の不足を指摘した。

 沖糖、宮糖ともに1月11日に操業を開始。これまでの搬入量は沖糖が8万678㌧、宮糖が6万2845㌧となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!