08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済
2012年4月17日(火)9:00

島外出荷ピークに/トウガン・ゴーヤー

JA 好天続き生産回復


トウガンは天気が回復し入出荷がピークに入った=16日、JAおきなわ上野集荷場

トウガンは天気が回復し入出荷がピークに入った=16日、JAおきなわ上野集荷場

 JAおきなわ宮古地区営農振興センターが本土の端境期を狙って販売しているゴーヤーとトウガンの島外出荷が、ピークに入った。両品目の生産が盛んな上野のJA集荷場には、農家が次々と運び込み、職員らは選別作業に追われるなど、活気付いている。出荷のピークは、5~6月ごろまで続く。




 上野のトウガン生産量は、宮古地区全体の約8割を占める。12、1、2月の出荷は日照不足の影響で苦戦を強いられたが、現在は好天とともに出荷量が回復した。

 65歳の男性農家によると、2月ごろの1週間当たりの収穫個数は150個程度だったが、現在は450個ぐらいに増えた。

 同男性は「上野のトウガンは、県の野菜品評会で毎年金賞を取るなど、品質は高く評価されている」と胸を張った。収量も栽培技術が向上し、10㌃から約20㌧収穫する農家もいるという。

 4月12日現在の平均キロ単価は、約220円と高値で推移している。

 JAゴーヤー専門部会の伊志嶺一之部会長は16日、204㌔を出荷した。2日分の収穫量で、1日当たりにすると約100㌔。3月の1日当たり60㌔より、40%増えた。同日は402㌔出荷する人もいた。

 伊志嶺部会長は「今年の10㌃当たり収穫量は昨年より多い」と今年の気象の影響は昨年ほどではなかったとの見方を示した。

 4月12日現在のキロ単価は、440円~500円となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!