08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
産業・経済
2012年4月20日(金)9:00

鋼製箱桁が到着

 大橋主航路部の2個目/26日架設へ


台船に積んで曳航して平良港まで運ばれた巨大な鋼製箱桁=19日、平良港下崎埠頭

台船に積んで曳航して平良港まで運ばれた巨大な鋼製箱桁=19日、平良港下崎埠頭

 建設中の伊良部大橋主航路部に、弓形に架設する鋼製箱桁3個のうち2個目が18日、平良港に到着した。長さが140㍍、幅16・1㍍、重さ約1300㌧とかなり大きい。1回目の架設工事は今月26日に伊良部側で予定し、吊り上げ作業には、巨大クレーン船を使う。


 主航路部は、長山水路に架かる420㍍の区間。同所に140㍍の鋼製箱桁を3個連結する。

 クレーン船の大きさは、長さ120㍍、幅㍍、アームの先端の高さが145㍍。最大4000㌧を吊り上げる能力があるという。

 伊良部側の箱桁は、三重県津市の工場で、1年6カ月掛けて製作した。3月27日に三重県を出港。途中、悪天候のため鹿児島、沖縄本島の金武湾港に寄港し、宮古に着くのに約3週間掛かった。

 主航路部の鋼製箱桁架設完了後は、伊良部側でのコンクリート製箱桁架設工事に入る。同箱桁は、主航路部を通して伊良部側まで運ぶ。大橋の開通は14年3月末を予定している。

 伊良部大橋は、3540㍍の海上橋などで、宮古島と伊良部島を結ぶ離島架橋。伊良部島が離島ゆえに医療や教育、福祉などの面で、不便を余儀なくされている状況や、過疎化の進行、産業の衰退など同島の諸問題解決を目的に実施している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!