08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
政治・行政
2012年4月20日(金)9:00

「懸案事項の予算化」お礼/下地市長

平良港耐震バースで知事に


平良港再編事業が国予算に計上されたことを喜ぶ下地市長(左から3人目)と仲井真知事(同4人目)ら関係者=19日、県庁知事応接室

平良港再編事業が国予算に計上されたことを喜ぶ下地市長(左から3人目)と仲井真知事(同4人目)ら関係者=19日、県庁知事応接室

 【那覇支社】下地敏彦市長は19日、県庁に仲井真弘多知事を訪ね、今月6日に国土交通省が発表した2012年度予算で、平良港の耐震バース整備を含む「平良港漲水地区再編事業」が新規採択されたことに対し、同省への要請などで、県が多大な協力をしたことについて礼を述べた。平良隆市議会議長ら同事業の関係者らが同席した。


 同事業は国直轄で、12年度分事業費は13億9200万円を計上し予算化した。総事業費は約47億円を見込んでいる。同港の第2、第3埠頭を埋め立て、耐震バース岸壁や臨海道路、緑地などを整備する。

 下地市長は「長年の懸案であった港湾再編事業計画がようやく予算化された。要請から6年が経過したが、この間の県の協力に感謝を申し上げる」と述べた。

 仲井真知事は「もう少し早く予算化されてもよい事業だ。島の振興発展には欠かせない事業」と述べ、国の予算化をともに喜んだ。

 知事応接室では宮古島市での天然ガス試掘や宮古空港の24時間空港化や国際空港化などの話題が出て、仲井真知事は今後も宮古振興に協力していく旨を下地市長に話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!