07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
産業・経済
2012年4月25日(水)9:00

地元農産物をPR/下地市長

東京で「ネピュレ感謝の夕べ」


ネピュレの加納社長(中央)に農産物をPRする下地市長(右)と嵩原さん(左)=23日、ホテルオークラ東京

ネピュレの加納社長(中央)に農産物をPRする下地市長(右)と嵩原さん(左)=23日、ホテルオークラ東京

 【東京支社】「ネピュレ感謝と懇親の夕べ」(主催・同社、加納勉社長、本社・東京都京橋)が23日、約300人が集い都内で行われた。宮古島の農家のトップセールスマンとして参加した下地敏彦市長は各大手食品メーカーに地元農産物の良さを売り込み、宮古島のPRに一役買った。




 同社は、原料の卸会社で農作物全てを遠心調理装置などを使い、素材をそのままにピューレにした「ネピュレ」を新しい食品の材料として開発した。


 また、料理人や菓子職人、食品メーカーからも注目されている無添加、無着色、無香料で素材本来の味とうまみを引き出したパンやロールケーキなどを商品化し注目を集めている。


 下地市長は「『ネピュレ』は現代の農作物の革命とも言える。マンゴーだけでなく、宮古産の紅イモやパパイアなども使ってもらえるはず」と期待した。


 地元農家代表で参加した嵩原弘さん(栄福果樹園長)は「ネピュレは規格外のマンゴーでも使ってもらえるので販売ルートの拡大につながる」と話した。


 嵩原さんによると、昨年12月から本格的に相手側と交渉し、今夏には宮古島マンゴーを使ったあめが東京・日本橋の榮太楼總本舗から販売される予定という。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!