08/09
2022
Tue
旧暦:7月12日 赤口 甲 
産業・経済
2012年4月29日(日)9:00

伊良部大橋 箱桁を架設

大型クレーンで吊り上げ/伊良部側


箱桁を橋脚の約2㍍の高さで止め、位置の調整を行った=午前9時すぎ

箱桁を橋脚の約2㍍の高さで止め、位置の調整を行った=午前9時すぎ

 県宮古土木事務所は28日、伊良部大橋の伊良部側主航路部(鋼橋)の架設を完了し、大橋の工事が山場を迎えている。悪天候や海上のうねりのため、延期を余儀なくされていた。大型クレーン船につり上げられた箱桁は、クレーン船係留後約2時間30分かけて橋脚に架設された。箱桁は長さ140㍍、幅16・5㍍、重さ1300㌧。巨大クレーン船で約30㍍の高さにつり上げられたまま午前6時、下崎埠頭から据え付け現場まで運ばれた。


 クレーン船の大きさは、長さ120㍍、幅44㍍、アームの先端の高さが145㍍。最大4000㌧をつり上げる能力があるという。

 午前7時30分すぎまでクレーン船の係留作業を実施。係留後、慎重に位置を調整しながら、午前8時すぎ、箱桁をゆっくりと降ろした。橋脚から約2㍍の高さでつり下げを止め、箱桁の位置調整を行った。午前10時20分に架設を完了した。

 架設は伊良部側据え付けがこの日に延期になったため、平良側架設を当初の30日から5月11日以降に、中央径間部は5月27日以降を予定している。

 主航路部の鋼橋3径間を溶接で接合することを祝う行事「閉合式」は6月中旬を予定している。主航路部は、長山水路に架かる420㍍の区間。

 主航路部の鋼製箱桁架設完了後は、伊良部側でのコンクリート製箱桁架設工事に入る。同箱桁は、主航路部を通して伊良部側まで運ぶ。大橋の開通は14年3月末を予定している。

 伊良部大橋は、3540㍍の海上橋などで、宮古島と伊良部島を結ぶ離島架橋。伊良部島が離島ゆえに医療や教育、福祉などの面で、不便を余儀なくされている状況や、過疎化の進行、産業の衰退など同島の諸問題解決が目的。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!