08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
イベント
2012年5月7日(月)9:00

池間民族2年連続V/那覇ハーリー

久松五勇士チームも初参戦



2年連続6回目のレース優勝を果たした海洋池間民族チーム=5日、那覇新港埠頭

2年連続6回目のレース優勝を果たした海洋池間民族チーム=5日、那覇新港埠頭

 【那覇支社】ゴールデンウィーク(GW)期間中の県内最大イベント、第回那覇ハーリー(同実行委員会主催)が3~5日の3日間、那覇新港埠頭で催された。3日間の合計で21万2000人(主催者発表)が来場した。開催最終日の5日、一般競漕、御願バーリー、本バーリーの競技が行われ、一般競漕で在沖宮古郷友会の海洋池間民族チーム(渡久山晴和会長)と久松五勇士チーム(宮城元勝会長)が参戦。海洋池間民族チームが第9レースで1位となり、2年連続6回目のレース優勝を果たした。

 

 海洋池間民族チームは在沖郷友会の池間、佐良浜、西辺の3郷友会で組織する常連チーム。一般競漕第9レースで、在沖米海兵隊のデビルドッグ(女)、チームヤマハと対戦し5分34秒76で相手2チームを制して1位となりレース優勝した。


 渡久山会長は「青年部が気を引き締め、海洋民族の心意気を十分に発揮してくれた。応援してくれた多くの郷友のおかげ」と喜んだ。チームリーダーの高良正司さんは「2年連続優勝できてうれしい。3郷友会の仲間が共に力を合わせた結果だ」と競技を振り返った。


 第2レースには在沖久松郷友会で組織する久松五勇士チームが参戦。昨年大会は雨のためレースが中止となり、満を持してのリベンジ出場となった。レースは第2位だったが、宮城会長は「初陣にしてはすごい力漕だった」と話し、来年大会での優勝に意気込んだ。


 大会主競技の本バーリーでは泊が那覇、久米を破り、連覇を果たした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!