08/09
2022
Tue
旧暦:7月12日 赤口 甲 
教育・文化
2012年5月16日(水)9:00

友愛の心を学んで/県立宮古病院

高校生20人が看護体験



看護師の指導で車いすの移動を学ぶ生徒たち=15日、県立宮古病院

看護師の指導で車いすの移動を学ぶ生徒たち=15日、県立宮古病院

 県立宮古病院(安谷屋正明院長)は15日、「看護週間」にちなみ高校生を対象として「ふれあい看護体験」を実施した。体験を通して看護に興味を持ち、看護の道に進むきっかけや目標を持つ機会にしようというもの。生徒たちは職員の指示に従って車いす体験や患者の世話、保育、病室のシーツ交換などを実際に行い、看護の仕事に理解を深めていた。



 全員が白衣に着替え名札を着用、髪を整えてオリエンテーションに臨んだ。本永英治副院長はあいさつで「人の助けを必要とする人たちが病院にはたくさんいる。共存共栄が人間社会の目的。これから学ぶ看護の仕事をきっかけに、自分の将来を考えてほしい」と述べた。


 照屋清子看護部長はプレゼンテーションで看護部の紹介や病院の理念、組織について、看護師の仕事のことなど詳しく説明した。ナイチンゲールの誕生日5月12日を前後して約2週間、国が「看護週間」として1991年制定したことなどを話し、「将来は、魅力のある看護師の仕事を選んでほしい」と付け加えた。


 生徒たちは、実際に車いす移動のための予備知識を職員に指導してもらい、二人一組で実践した。体験学習では5班に分かれ、患者とのコミュニケーションや車いす散歩、食事介助などを行い、すっかりナースになりきっていた。病院1階奥の壁にある「ギャラリーでいご」では、看護週間にちなみ、看護師の活動などを紹介している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!