08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
産業・経済
2012年5月17日(木)9:00

平良側の箱桁架設完了/伊良部大橋

主航路部は27日以降予定



平良側の箱桁架設作業が実施された=16日、伊良部大橋工事現場

平良側の箱桁架設作業が実施された=16日、伊良部大橋工事現場

 伊良部大橋主航路部平良側の箱桁架設工事が16日午前10時、橋脚の上に架設し完了した。中央径間部の架設は27日以降に実施する予定。






 14日には、下崎埠頭の台船上の平良側に架設する箱桁に大型クレーンのワイヤを取り付け、工事現場に向けて出航準備は整っていたが、強風のため15日の作業は延期し、16日明け方からの作業となった。


 箱桁は巨大クレーン船で約30㍍の高さにつり上げられたまま午前5時45分、下崎埠頭から離岸。4隻のタグボートに囲まれゆっくりと現場に向かった。6時47分に現場に到着。大型クレーン船の係留を確認後、午前7時40分すぎ、架設の作業に入った。


 クレーン船の大きさは、長さ120㍍、幅44㍍、アームの先端の高さが145㍍。最大4000㌧をつり上げる能力があるという。


 主航路部伊良部側の箱桁(図の1番目)は4月28日に架設を完了。平良側(図の2番目)が16日に完了したことで、主航路部の架設は中央径間部を残すのみとなった。


 平良側に架設した箱桁は伊良部側のものと同じで、長さ140㍍、重さ1300㌧。台船に乗せたまま下崎埠頭に接岸していた。同埠頭には現在、中央径間部の箱桁のみが陸揚げされた状態で置かれている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!