08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
環境・エコ
2012年5月29日(火)9:00

テレビ、冷蔵庫など23トン撤去/上野宮国防風林帯

初の「美化清掃の日」/100人参加し美ぎ島創出


草刈りごみ拾いなどの清掃活動を行った=27日、上野宮国

草刈りごみ拾いなどの清掃活動を行った=27日、上野宮国

 宮古島市の環境を守り育てる市民協議会(議長・市福祉保健部国仲清正部長)が主催する「宮古島市美化清掃の日」の活動が27日、同協議会のメンバーや下地敏彦市長、地元の住民ら約100人が参加して行われた。上野宮国の県道235号線(保良上地線)沿いの防風林の枝打ちや草刈り、空き缶、ペットボトルなどのごみを拾った。集められたごみは、刈り取られた草や枝などを含み約23㌧。空き缶やペットボトルのほか、古タイヤや冷蔵庫、テレビなども含まれていた。


 「市美化清掃の日」は2012年1月に開催された市の環境を守り育てる市民協議会で毎年5月と10月の第4日曜日と設定し、今回が第1回目の清掃活動となった。

 清掃に先立ち下地市長は「不法投棄撤去の予算増加だけでは限界がある。一人一人の清掃活動で『宮古島を汚さないで』と呼び掛けることが必要。この日からきれいな宮古島になるスタートを始めましょう」と呼び掛けた。

 参加者は県道235号線を深江橋手前まで、草を刈り、海岸に降りる道を整備しながら一つ一つごみを拾い集めた。

 平良から参加した謝花ツルさん(76)は「こんなに草が生えているとは思わなかった。まず草を刈ってからでないとごみが拾えない。草刈りで見る見るきれいになっていくのが楽しいので頑張る」と額に汗して作業を進めていた。

 市は昨年11月に「不法投棄撲滅宣言」をしたのを受けて同協議会を立ち上げた。第2回の清掃活動は今年10月の第4日曜日に実施する予定。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!