07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
産業・経済 社会・全般
2010年8月1日(日)15:17

久貝さんの功績たたえる/畜産関係者 業務推進功労表彰で激励会

激励会で久貝さんの功績をたたえ乾杯する畜産関係者ら
激励会で久貝さんの功績をたたえ乾杯する畜産関係者ら

 県畜産会業務推進功労者表彰を受けた久貝清さん(75)=市平良字下里=の激励会が7月29日夜、平良のレストランで開かれた。畜産関係者が集い、久貝さんのこれまでの業績をたたえるとともに、これからの活躍に期待を寄せた。久貝さんは現在、宮古畜産技術員会特別顧問、県畜産会非常勤コンサルタント。

 

 久貝さんは、宮古地域における畜産経営体の指導、相談、経営診断分析、助言指導の各種業務などを実施し、地域畜産の振興と発展に貢献した。そのことが認められ、6月28日に県畜産会通常総会で表彰を受けた。

 
 激励会では、県畜産会副会長の砂川栄市さんが主催者を代表してあいさつ。県畜産会の富村誠信事務局長が久貝さんの受賞までの経過報告を行った。

 
 宮古和牛改良組合の初代組合長、砂川松吉さんは「宮古島の畜産業の今があるのは久貝さんの指導があったからこそ」と述べ、肉用牛の資質の改良や産地形成に向けた取り組みをたたえた。

 
 元城辺町助役で畜産農家の新城武男さんは宮古島における肉用牛の歴史を紹介。「久貝さんの指導のおかげで、宮古島は県内でも畜産の盛んな地域になった。これからも畜産振興、発展に力を貸していただきたい」と話し、全員で乾杯した。

 
 これに対し久貝さんは「私なりに『継続は力なり』というのが評価されたと思う。これからも宮古島の畜産振興のために頑張りたい」と抱負を語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!