08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
スポーツ
2012年6月10日(日)9:00

宮高準V九州へ/県高校総体サッカー

宜野湾に0-1惜敗/粘り前面に「次につながる」


準優勝の宮古高校イレブン=9日、県総合運動公園陸上競技場

準優勝の宮古高校イレブン=9日、県総合運動公園陸上競技場

 【那覇支社】県高校総合体育大会サッカー競技は9日、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場で決勝が行われた。宮高は宜野湾に0-1(0-1、0-0)で敗れ、初のインターハイ出場は成らなかった。今大会、宮高はPK戦を制したり、延長で逆転勝利を収めるなど、粘り強い試合を展開。関係者は「絶対に負けないという気持ちは次に生かせる」とたたえた。準優勝の宮高は宜野湾とともに九州大会へ出場する。



 宮高は前半終了間際、右サイドの隙間を突かれ、クロスからのボールを押し込まれ先制点を許した。


 後半、風上に立った宮高は、ミドルシュートなどで積極的にゴールを狙ったが宜野湾の堅いディフェンスに阻まれ涙を飲んだ。


 上間良哉監督の話 失点は一瞬の隙を突かれた。隙を作らせないように個人技を磨き、チームでカバーをすることが課題。延長戦での勝利など、選手たちはタフに戦ってくれた。負けない気持ちや粘り強さは授業や学校生活をしっかりと整えて頑張った結果が出ているのではないか。


 洲鎌勝汰キャプテンの話 力が出し切れなくて、そのまま時間が過ぎて終わった感じ。相手にうまくゲームをコントロールされた。まだまだ力不足で、精神面でも相手に負けた。今大会では周囲の人たちが支えてくれた。一丸となって戦い準優勝という結果が出せたと思う。

 川満健校長の話 選手たちはよく頑張った。一戦一戦、宮高らしい粘りを発揮した。追い込まれても逆転しPKでも確実に勝った選手たちの心の強さを感じた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!