09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
教育・文化 環境・エコ
2010年7月28日(水)17:47

「サンゴに感動、また来たい」/地域住民が盛大に歓迎

自己紹介で宮古島の感想などを語る交流団のメンバーたち
自己紹介で宮古島の感想などを語る交流団のメンバーたち

狩俣で交流会/手作り料理、余興楽しむ
 宮古島市と交流都市である北海道室蘭市からの「宮古島体験学習交流団」が24日から3泊4日の来島していて、宮古滞在最後の夜となる26日には狩俣集落センターで全体交流会が開かれ、狩俣や池間の地域住民らが一行を盛大に歓迎した。
 

 今回、来島しているのは、これまでも池間小学校や狩俣小学校が交流を行っている室蘭市の民間グループ・エメラルドの会の役員2人、室蘭市職員2人、喜門岱(きもんだい)小学校の6年生6人と引率教諭3人の計13人。滞在中、伊良部島と宮古本島の観光やシーカヤック、シュノーケリング体験などを行ってきた。

 
 全体交流会には交流団の一行のほか、宮古からは下地敏彦市長や観光協会のメンバー、池間、狩俣両小学校の生徒や教諭、PTAらが参加。交流会のために、PTAの母親たちは手作りで料理を準備した。

 
 下地市長は喜門岱小学校の児童たちに「君たちが大きくなったとき、また来てみたいと思ったら、ぜひ来て、今回友達になった子を訪ねてみると楽しいと思う」と語った。

 
 交流団の団長でエメラルド会の板林知事務局長は「子どもたちはきれいな海を見ることができ、感動したと思う。帰ったら今回のことを(室蘭の)みんなに伝え、今後も長く交流を続けていきたい」との思いを示した。
 

 交流団のメンバー全員が自己紹介のためステージに登場すると、喜門岱小学校の児童たちは「シュノーケリングで熱帯魚やサンゴ礁のある美しい海を見ることができ感動した。また来たいです」など感想を語った。

 
 同日に誕生日を迎えた喜門岱小学校の上渡秀一教諭にバースデーケーキがプレゼントされるサプライズもあったほか、ステージではさまざまな余興が披露され、交流団を歓迎するとともに、末永く交流が続くことを願った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!