08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
政治・行政
2012年6月27日(水)9:00

議長に喜納昌春氏/県議会

与野党の思惑が交錯/6月定例会



喜納昌春氏

喜納昌春氏

 【那覇支社】改選後初の県議会6月定例会が26日開会した。本会議冒頭で正副議長選挙を行い、議長には喜納昌春氏(68)=社大・中頭郡区=を、副議長には浦崎唯昭氏(68)=自民・那覇市区=を選出した。県議会は議長選挙をめぐり各派の調整会議で開会が遅れ、午後1時35分に開会したが、自民会派から休憩の求めがあり、午後2時に再開した。


 野党所属の喜納氏は、与党の自民、公明県民会議・無所属と中立会派「改革の会」からの投票で24票を得票し議長に選出される異例の結果となった。

 喜納氏が所属する社大と野党各会派は、与党の協力を得て当選した喜納氏に反発しており、社大党は除名を含めた同氏の処分を検討するものとみられる。

 副議長は浦崎氏が自民、公明、改革の会、無所属から26票を得票し選出された。

 議長選挙の結果は、喜納氏24票、野党が推した新里米吉氏=社民・護憲・中頭郡区=が22票、白票2票。副議長選挙は浦崎氏26票、野党が推した奥平一夫氏=県民ネット・宮古島市区=が22票を獲得した。

 当初、野党・中道会派は議長に新里氏、副議長に奥平氏を選出する方向で合意していたが、同正副議長案を不服とする「改革の会」が喜納氏を擁立し、副議長案では自民候補を推すことで水面下の調整を図った。


 一方、少数与党となった自民も、改革からの喜納氏擁立の持ちかけで、独自候補の擁立を断念。自民会派所属の議員によれば、26日午前に開いた会派内での会議は大もめの状態だったという。結局、「改革の会」案を了承することで、副議長席を獲得し、主導権の一部を得られるとの理由から同案に賛同した。


 今定例会は初日から、与野党の思惑が交錯する波乱含みのスタートとなった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!