08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
産業・経済
2012年6月29日(金)9:00

開催まで100日、残暦板設置/カツオフォーラムin宮古島

市長ら成功願い除幕/10月6日開催


「カツオフォーラムin宮古島」まで100日となり、平良庁舎前に残暦板が設置された=28日、市役所平良庁舎前

「カツオフォーラムin宮古島」まで100日となり、平良庁舎前に残暦板が設置された=28日、市役所平良庁舎前

 10月に宮古島市で開催される「2012カツオフォーラムin宮古島」(主催・同実行委など)まで100日となった28日、市役所平良庁舎前に残暦板が設置された。除幕式には下地敏彦市長、伊良部漁協の友利義文組合長、宮古島漁協の小禄貴英組合長、海のめぐみネットの川上哲也会長らが参加し、フォーラムの成功を願って残暦板の除幕を行った。同フォーラムは、高知県、鹿児島県に次いで3度目の開催となる。


 あいさつで下地市長は「今回で3回目となるカツオフォーラムが全国の事業者、関連企業、研究者らが一堂に会して宮古で開催されることをうれしく思う。フォーラムを通して宮古のカツオ漁、カツオ料理を全国に紹介しながらカツオの文化を発信していきたい」と述べた。除幕後は、友利組合長が同フォーラムのキャッチフレーズである「カツオばんざい!」の掛け声で参加者全員による万歳三唱を行い、フォーラムの成功を願った。

 「カツオフォーラムin宮古島」は10月6日に、市伊良部中央公民館で開催される。

 基調講演では、沖縄大学の上田不二夫教授が「沖縄、宮古島のカツオの歴史」と題して講演するほか、川上さんの特別講演「カツオばんざい」も予定されている。

 パネルディスカッションは「離島におけるカツオ漁業のこれから(仮称)」をテーマに行われ、宮古島市大会宣言なども予定されている。

 また、佐良浜漁港特設会場では、カツオばんざい交流会を計画。生カツオのぶつ切りを住民へ提供する「オオバンマイ」や「海の幸料理コンテストでの入賞作品表彰」「島の民謡ショー」などが催される予定。

 カツオフォーラムは、日本の豊かな食文化を醸成してきたカツオの価値を見直し、カツオと上手な付き合い方を探るとともに、全国の関係者が情報や意見を交換し合い、将来にわたり、カツオに関する多面的な事業を推進することを目的に開催している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!