01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
産業・経済 社会・全般
2010年7月22日(木)13:42

総合成績で県1位/県トラックドライバーコン

4㌧部門と総合成績で優勝した塩川さん(左から3人目)と11㌧部門2位の砂川さん(同2人目)
4㌧部門と総合成績で優勝した塩川さん(左から3人目)と11㌧部門2位の砂川さん(同2人目)

塩川さん(りゅうせきロジコム宮古物流センター)
喜びの報告/県代表で全国大会出場
 第29回県トラックドライバーコンテスト(主催・県トラック協会)の4㌧部門で1位となり、総合成績でも最高得点で優勝したりゅうせきロジコム宮古物流センターの塩川哲司さんと、11㌧部門で2位に入った砂川哲哉さんが21日、同センターで喜びの報告を行った。総合成績トップの塩川さんは県代表として全国大会に出場する。
 

 
 塩川さんは「5年前にも一度出場して3位だったので今回はそれ以上の成績を目指していた。優勝できてうれしい。全国大会では昨年出場した先輩の成績を上回りたい」と意欲を示した。
 
 また、砂川さんも「初めての出場で2位の成績は満足している。次回、出場するときはさらに上を目指したい」と述べた。
 宮古物流センターからは昨年大会でも11㌧部門で職員が1位となり、総合でも優勝。全国大会に出場している。
 
 りゅうせき宮古支店の我那覇薫統括支店長は「2年連続で宮古物流センターから全国大会出場なのでとてもうれしい。安全運転のスキルアップが目的なので業務もさらに安全運転で遂行してくれると思う」と述べた。
 
 同大会は、6月23日に学科試験が行われ、今月18日に沖縄本島の壺川自動車学校で実科競技が行われた。
 各部門の1~3位は県トラック協会長賞を受け、全部門を通じて総合成績でトップの塩川さんは全日本トラック協会長賞を受けた。
 
 塩川さんは10月に茨城県で開催される全国大会に県代表として派遣される。

カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!