08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
イベント
2012年7月19日(木)9:00

島の熱い日を再現/那覇でトライ写真展が開幕

大会当日の模様をほうふつとさせる写真が展示されている=18日、モノレール県庁前駅

大会当日の模様をほうふつとさせる写真が展示されている=18日、モノレール県庁前駅

 【那覇支社】今年の4月15日に開催された全日本トライアスロン宮古島大会の模様を収めた「2012ストロングマン写真展」が18日、那覇市のモノレール県庁前駅で始まった。27日まで。出場者全員が、主人公といわれる大会。写真は選手の奮闘ぶりや沿道の応援、ボランティアの活躍など熱く燃えた人々の一瞬をとらえた。



 写真展は琉球新報社、宮古写真愛好家協会、宮古島トライアスロン実行委員会の3者が主催した。


 オープニングセレモニーで大会長の下地敏彦市長は「世界的に知られる大会をこれからも安全で、みんなが楽しめる大会にしたい」と述べ、一層の発展に意欲を見せた。


 沖縄都市モノレール社の仲吉良次社長は、宮古の自然の美しさと島の人の情熱が感じられる大会と、称賛した。


 協賛社を代表してあいさつした日本トランスオーシャン航空の平一浩執行役員は、ボランティアが支えている大会と、市民の協力を評価。その上で、今後も地元と一体となって大会を盛り上げていくと、決意を新たにした。


 大会には県内外、宮古、外国から1470人出場し、1231人がボランティアや家族や友人、知人に迎えられて喜びのゴール。完走率は、83・7%だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!