08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
政治・行政
2012年8月2日(木)9:00

伝統工芸セ新築移転へ/一括交付金を活用

織物組合理事会で方針


伝統工芸品研究センターの新築移転について意見を交わす理事会=1日、宮古伝統工芸品研究センター

伝統工芸品研究センターの新築移転について意見を交わす理事会=1日、宮古伝統工芸品研究センター

 宮古島市は、老朽化が進む宮古伝統工芸品研究センターの新築移転を一括交付金を活用して、今年度中にも着手する方針であることが1日、分かった。移設先などは今月中に発足する検討委員会で協議される。同日に開かれた宮古織物事業協同組合(理事長・長濱政治副市長)の理事会で、市の方針が示された。


 今年で築36年を迎える同センターは雨漏りがするなど老朽化が激しく、手狭であることから同組合では市に対し移転新築を要請してきた。それを踏まえ、市では今年度から創設された一括交付金を活用しての移設を検討。今月中に同センター新築移設に関する検討委員会を発足させ、施設の規模や移設先などについての協議に着手することを決めた。予算規模は2億円程度。今年度内での事業着手を目指す。

 理事会では「できるだけ早く新しいセンターを建設してほしい」など要望が出された。

 長濱副市長は新しいセンターを、観光客らが宮古上布の全製造工程を見学できるようにすることで観光施設の要素も持たせたい考えを示すとともに、「新しい伝統工芸品研究センターができることで、宮古島の伝統工芸産業、特に宮古上布の後継者が増え、産業育成につながることに期待している」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!