08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
教育・文化
2012年8月4日(土)9:00

奨励金寄贈で活躍期待/宮農高同窓会

宮総実生徒8人、九州大会へ


奨励金を手に九州大会に意欲を見せる生徒と関係者ら=3日、宮古総合実業高校

奨励金を手に九州大会に意欲を見せる生徒と関係者ら=3日、宮古総合実業高校

 宮古農林高等学校同窓会(松堂成好会長)は3日、8日に福岡県で開催される九州学校農業クラブ連盟大会(FFK大会)に出場する宮古総合実業高校(下地盛雄校長)の渡口明香里さん(生活福祉科3年)ら8人に奨励金を贈り活躍を期待した。


 7月5~6日に第60回沖縄県学校農業クラブ連盟大会が開催され、渡口さんが「生活・文化」部門の意見発表で最優秀賞を受賞し、県代表に選ばれた。また川満徳智君(環境工学科)ら7人が「環境」部門でプロジェクト発表を行い、最優秀賞を受賞した。

 九州大会では、渡口さんが「文化・生活」区分で「介護福祉士を目指して」と題して発表する。また川満さんらは「環境」区分で「宮古島の『水』と『食』を守れ~日本そばとサトウキビの輪作による環境保全型農業と農家支援~」と題してプロジェクト発表する。

 贈呈式で、同窓会の下里典子副会長は「九州大会に出場するのは、先輩としてうれしく誇りに思う。今後とも先輩として後輩たちを応援していく」と激励した。同窓会の石原早苗副会長、下地明副会長が同席した。

 渡口さんは「本番では、日頃の練習の成果を堂々と発表したい」、川満君は「これまで活動した成果を発表する」とそれぞれ決意を表明した。

 下地校長は「全校生徒517人のうち、農業関係の生徒は274人。農業は社会に貢献することが大事。将来地域の農業担い手として活躍することを期待する。奨励金に対しては感謝の気持ちを持ち、九州大会では一生懸命頑張ってください」と励ました。

 九州大会に出場する生徒は次の通り。(敬称略)

 【意見発表】渡口明香里(生活福祉科3年)【プロジェクト発表】川満徳智(環境工学科3年)、川田翔平(同)、関亮太(同)、比屋根舞(同2年)、奥平敦士(同)、嘉手苅聖茄(同1年)、平良美歌(生活福祉科1年)。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!