10/04
2023
Wed
旧暦:8月20日 先負 乙 
教育・文化
2012年8月19日(日)9:00

文化財候補2種を決定/市文化財保護審

ミヤコジマソウ ミヤコジマハナワラビ


日本では宮古島のみに分布するミヤコジマソウ

日本では宮古島のみに分布するミヤコジマソウ

 市文化財保護審議会(岡徹会長)は18日、市指定文化財候補の「ミヤコジマソウ(キツネノマゴ科)」、「ミヤコジマハナワラビ(ハナヤスリ科)」答申案の文言を一部修正で決定した。来月の市教育委員会答申後、市文化財(天然記念物)に指定される見通し。2種とも自生地は非公開となる。


 ミヤコジマソウは、海岸に生える多年草。日本では宮古島のみに分布し、自

沖永良部島以南に分布するミヤコジマハナワラビ

沖永良部島以南に分布するミヤコジマハナワラビ

生地の北限となっている。花は直径約1㌢。

 本土の植物学者、正宗厳敬が1935年、宮古島で調査していた時にミヤコジマソウを発見、日本では初記録となった。今年は初記録から77年。

 ミヤコジマハナワラビは、シダ植物の一種。茎の先端部分から広げた葉の間から、胞子葉が伸びる。茎の高さは20~40㌢。沖永良部島以南の一部の島に分布する。

 本土の植物・民族学者の田代安定が1882年、宮古島で調査中にミヤコジマハナワラビを採取、日本では初記録となった。今年は初記録から130年。田代は調査の際に幻の鳥とされるミヤコショウビンを捕獲した。

 2種とも文化財に指定された場合は、地域を定めない指定となる。

 この日の審議会では、市指定天然記念物(植物)の指定基準の改正(案)の議案が上程され、第6条の史跡名勝天然記念物指定基準の現行文言「珍奇又は絶滅に瀕した植物の自生地」が「珍奇又は絶滅に瀕した植物若しくはその自生地」に改正された。

 審議会に先立って委員らは、2種の自生地を視察した。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年9月24日(日)9:43
9:43

【宮古島スイーツ】濃厚チーズテリーヌ!イメージは宮古の海!

【宮古島スイーツ特集】 #宮古島 には #スイーツ がいっぱい!探して見つけてハッピーに♪ #宮古毎日新聞 のホームページで 宮古島内のスイーツを紹介する特集コーナー! 記者が実際に店舗を訪ね、イチオシスイーツの魅力を聞きました! 今回は宮古島市平良西里の「チ…

2023年9月21日(木)8:56
8:56

上演中にせりふ字幕表示へ/多良間八月踊り

会場に大型モニター設置   22日から3日間、多良間島で開催される国指定重要無形文化財の「八月踊り」。今年は22日と23日の上演中、大型モニターを会場に設置して演者のせりふを現代語訳してリアルタイムで表示する。 これにより組踊りのストーリーを分かりや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!