08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
教育・文化
2012年8月19日(日)9:00

文化財候補2種を決定/市文化財保護審

ミヤコジマソウ ミヤコジマハナワラビ


日本では宮古島のみに分布するミヤコジマソウ

日本では宮古島のみに分布するミヤコジマソウ

 市文化財保護審議会(岡徹会長)は18日、市指定文化財候補の「ミヤコジマソウ(キツネノマゴ科)」、「ミヤコジマハナワラビ(ハナヤスリ科)」答申案の文言を一部修正で決定した。来月の市教育委員会答申後、市文化財(天然記念物)に指定される見通し。2種とも自生地は非公開となる。


 ミヤコジマソウは、海岸に生える多年草。日本では宮古島のみに分布し、自

沖永良部島以南に分布するミヤコジマハナワラビ

沖永良部島以南に分布するミヤコジマハナワラビ

生地の北限となっている。花は直径約1㌢。

 本土の植物学者、正宗厳敬が1935年、宮古島で調査していた時にミヤコジマソウを発見、日本では初記録となった。今年は初記録から77年。

 ミヤコジマハナワラビは、シダ植物の一種。茎の先端部分から広げた葉の間から、胞子葉が伸びる。茎の高さは20~40㌢。沖永良部島以南の一部の島に分布する。

 本土の植物・民族学者の田代安定が1882年、宮古島で調査中にミヤコジマハナワラビを採取、日本では初記録となった。今年は初記録から130年。田代は調査の際に幻の鳥とされるミヤコショウビンを捕獲した。

 2種とも文化財に指定された場合は、地域を定めない指定となる。

 この日の審議会では、市指定天然記念物(植物)の指定基準の改正(案)の議案が上程され、第6条の史跡名勝天然記念物指定基準の現行文言「珍奇又は絶滅に瀕した植物の自生地」が「珍奇又は絶滅に瀕した植物若しくはその自生地」に改正された。

 審議会に先立って委員らは、2種の自生地を視察した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!