08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
政治・行政
2012年8月24日(金)9:00

12㌶を計画から除外/大原土地区画整理

街路整備の円滑実施へ/大道線420㍍今年度着手目指す



都市計画原案の縦覧が行われている=23日、市役所下地庁舎

都市計画原案の縦覧が行われている=23日、市役所下地庁舎

 宮古島市(下地敏彦市長)は、大原土地区画整理事業の見直しに関する公聴会開催に向けて23日、都市計画(変更)原案の縦覧を市下地庁舎2階で開始した。原案は整理計画面積37㌶のうちの12㌶を外し、新しく大原地区計画エリアに設定。今回の都市計画変更は、区画整理事業の網を取り除き、街路整備をしやすくした。



 大原地区計画には、大道線の下里東交差点とサンエーカママヒルズ店前交差点間の420㍍を幅員12㍍に拡幅する事業計画も組み込んだ。今年度中の設計委託、来年度からの用地交渉を目指す。


 大道線の整備を急ぐのには、同道路が新宮古病院や伊良部大橋へのアクセス機能を持つという背景がある。


 同区間は平一小や南小などの通学路にもなっているが、歩道がなく地域住民から危険除去のために早期整備を望む声が出ている。


 同計画には、県道マクラム線の南側部分も入っている。県は「区画整理地区から外れることによって、同道路の拡幅が道路や街路事業でできるようになる」と話している。


 今回の都市計画変更手続きは、地元住民と勉強会を重ねて整備方針について合意を得て、実施となった。原案縦覧は今月30日まで。住民から意見書の提出があった場合、公聴会を9月11日午後6時から市役所下地庁舎2階会議室で開く。意見がなければ、案の縦覧を2週間ほど行い、市都市計画審議会に諮問する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!