08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済
2012年8月24日(金)9:00

新里玲子さんに地域賞/伝統文化ポーラ賞

現代の宮古上布の道開く



「御絵図柄」を織る新里さん=23日、上野新里の工房

「御絵図柄」を織る新里さん=23日、上野新里の工房

 宮古上布の制作・振興に携わっている上野新里の新里玲子さん=(63)=宮古島苧工房代表が第32回伝統文化ポーラ賞(ポーラ伝統文化振興財団主催)の地域賞を受賞した。県内からの受賞は20人目。「賞は私個人がもらうが、苧麻糸を績む地域のおばあさんや島の伝統技術に支えられての賞」と喜びを語った。



 新里さんは1972年、下地恵康さんの工房に入門した。当時の宮古上布は、緻密な紺十字絣一色。そんな中で「宮古上布はなぜ一色なのか」と疑問を持ち、歴史をひもとくと、琉球王朝時代の彩り豊かな「御絵図柄」に出会った。75年に、下地さんの工房を辞めて独立し、草木染めの色上布を織り始めた。


 宮古上布の道に入って40年。上布に新たな可能性を感じ、現代の宮古上布としての道を切り開いた功績が評価された。


 長年の間に、のびやかな色上布の作風を確立し、95年には日本伝統工芸染織展「日本経済新聞社賞」を受賞。2011年には日本伝統工芸展「奨励賞」に輝いた。現在、「宮古上布保持団体」の代表を務め、後進の育成指導に尽くしている。


 地域賞は、地域において優れた業績を残し、今後の活躍も期待できる個人や団体に贈る。新里さんは「これからも苧麻という素材の特徴が生きるモノづくりと、先人の足跡を掘り起こす御絵図柄の復元に努めたい」と抱負を語る。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!