08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
教育・文化
2012年8月24日(金)9:00

エコプロジェクトを紹介/宮総実環境班

アジア各国の若者を前に



宮古総合実業高の生徒4人がエコプロジェクトについて英語でプレゼンテーションを行った=19日、恩納村、しまんちゅクラブ

宮古総合実業高の生徒4人がエコプロジェクトについて英語でプレゼンテーションを行った=19日、恩納村、しまんちゅクラブ

 【那覇支社】東南アジア諸国連合(ASEAN)を中心としたアジア14カ国の若者と本土、沖縄の若者が東アジアの中心に位置する沖縄に一堂に会し、20日間の共同生活の中で地球規模の環境問題を学び、相互理解、友情、人的ネットワークなどを育む目的で「2012年度アジアユース人材育成プログラム」(県文化観光スポーツ部主催)が今月8~24日まで開催された。アジア諸国から27人の若者が参加した。同プログラムに宮古総合実業高校環境班の生徒4人が参加し19日、エコプロジェクトについてのプレゼンテーションを行った。



 英語でのプレゼンを行ったのは、下地徳智君(3年)、川田翔平君(同)、比屋根舞さん(2年)、嘉手苅聖茄さん(1年)の4人。「小さな宮古島の100年後の命の水と食を守る」と題して、同校で取り組んだ硝酸性窒素などの地下水汚染を食い止める施肥などの研究成果を取りまとめて発表した。各国の若者から同プレゼンの内容は関心を持たれ、多くの質疑応答が行われた。


 発表を終えた部長の下地君は「慣れない英語が伝わるか緊張したが、練習成果が出せてよかった。もっと英語を勉強して、うまく話せるようにしたい」と感想を述べた。


 指導にあたった前里和洋教諭は「自らが取り組む研究内容を分かりやすく英語で表現できていた。100点の出来栄えだ」と生徒たちの発表をたたえた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!