08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
政治・行政
2012年9月16日(日)9:00

水ビジネスで協力/JICA・市

市、サモアと友好交流樹立へ


下地市長(右)と水ビジネスモデルなどで意見交換をした堂道氏(左2人目)ら=14日、市役所平良庁舎

下地市長(右)と水ビジネスモデルなどで意見交換をした堂道氏(左2人目)ら=14日、市役所平良庁舎

 国際協力機構(JICA)の堂道秀明副理事長ら6人が14日、市平良庁舎に下地敏彦市長を表敬、宮古島のサモア水パッケージ協力や今後の水ビジネスについて、JICAも宮古島のパートナーとしてプロジェクトに参加することなどについて意見交換をした。


 堂道氏は「宮古島市がこれまで培ってきた上水道に関する経験や技術を、市長が先頭に立ってサモアと水パッケージ協力を推進していることは素晴らしい」と述べ「サモアに止まらず他国に広げたいと考えている」と話した。

 下地市長は「まず友好関係を結ぶなどして、サモアとは人的な交流関係をしっかりしておく必要がある」との考えを示した。

 堂道氏はJICAは相手国の要望だけではなく、日本の中小企業が海外に進出できるような支援を進めていることを挙げ「日本の水道の先端技術は国によっては、コスト面などで負担が大きすぎる場合がある。地勢や気候環境が類似した国や地域には、宮古島の緩速ろ過などのモデルを示すことは意味がある」と述べた。

 JICAは芳賀勝彦国内事業部次長、玉林洋介民間連携室参事役、小幡俊弘沖縄センター所長、四本恵一同市民参加協力調整員、長縄真吾理事長室秘書官が同席した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!