08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
スポーツ
2012年9月21日(金)9:00

来年は4月21日開催/トライアスロン宮古島大会

定員1500人、来月から受付/実行委総会で要項決定


 第29回全日本トライアスロン宮古島大会実行委員会総会が20日、市内のレストランで開かれた。29回大会は2013年4月21日に開催し、参加申し込みは10月1日から受け付けることなどを定めた大会要項案と総額9672万円とする予算案などをいずれも原案通り可決した。


 総会では実行委員会の会長を務める下地敏彦市長が「29回大会は、30回という記念大会についても考えながら運営していかなければならないと思う。29回大会のあり方を話し合ってぜひ、成功させたい」とあいさつ。協賛社を代表して日本トランスオーシャン航空の大城善信宮古支社長が「トライアスロンは宮古島の代名詞。30回と言わず、40回、50回と続けてほしい。協力できることはやっていきたい」と語った。

 議案審議では事務局が大会要項案として、開催日は4月21日、競技時間は午前7時から午後8時30分までの13時間30分、参加定員1500人、参加料3万3000円、参加申し込みは郵送とインターネットで10月1日から受け付けることなどを説明した。

 「飛び出す希望、舞い上がらせよう空への思い」-。空の日の20日、「空の日」・「空の旬間」宮古空港実行委員会(石口澄夫会長)は、大阪直行便で来島した約120人に、そんな標語を貼り付けた記念の菓子を配り、「空の日」をPRした。

 参加者はミス宮古の友利みちるさんや、日本トランスオーシャン航空(JTA)、全日本空輸(ANA)、市役所や国の職員ら約30人。シンボルキャラクターの「くにまる」君や「9月20日~30日は『空の旬間』です」-などと書いた大きな横断幕を掲げ、一行を歓迎した。期間限定で運航しているJTAの大阪直行便は、午後1時すぎ、宮古空港に到着した。参加者らが「きょうは、空の日です」と声を掛けて菓子を手渡すと、笑顔で受け取っていた。

今年のトライアスロン宮古島大会では3億3100万円の経済効果があったと試算した(写真は4月15日に行われた第28回大会の様子)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!