06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
教育・文化 産業・経済
2010年7月7日(水)18:23

宮総実 水産物で商品開発へ/「ソデイカあぶらみそ」など

試食会では「おいしい」の声が響き、生徒たちを喜ばせた=6日、宮古総合実業高校

試食会では「おいしい」の声が響き、生徒たちを喜ばせた=6日、宮古総合実業高校

漁協が支援/試食会開き「おいしい」
 宮古総合実業高校(下地廣治校長)で6日、2010年度課題研究試作製品発表会が行われた。宮古島漁協の小禄貴英組合長や市水産課の平良克彦係長らが、生徒らが商品化に向けて取り組んでいる「ソデイカのあぶらみそ」などを試食。

講評で平良係長は「全体的においしかった」と評価した。今後付加価値を付けた商品は、市漁協が販売し、水産物の販路拡大や水産振興を図っていく方針。
 
 市漁協が昨年から、ソデイカやアーサ(ヒトエグサ)、シビマグロ(キハダマグロの幼魚)、モズクの4種類を同校に無償提供。併せて加工品の開発を依頼し、今年で2年目を迎える。宮古農林水産振興センターが全体のコーディネートや情報提供をした。市が事業への援助・情報を提供している。

 
 商品化への取り組みは食品科学科3年生29人が課題研究授業の一環で実施。4グループに分かれて作った試作品は「ソデイカのあぶらみそ」、「アーサマフィン・アーサシフォンケーキ」、「シビマグロまん」、「モズクちんすこう」。
 
 商品化に向けた中間発表は、9月下旬~10月上旬に行う予定。優れた発表グループは、11月に開催される九州地区水産系高校生徒研究大会に出場する。
 
 同校では、生徒のメリットとして▽加工品開発を通した、地域産業の理解▽地元産業に密着した人材育成-などを挙げている。
 試食後、生徒を代表して友利満理奈さんは「貴重なアドバイスを受けた。今後の研究課題に一生懸命取り組んでいく」と決意を新たにした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!