07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
イベント 産業・経済
2010年7月3日(土)19:01

マンゴーまつりをPR/市長ら空港で無料配布

マンゴーまつりと宮古島産マンゴーPRのために市職員が配布するマンゴーを受け取る観光客たち

マンゴーまつりと宮古島産マンゴーPRのために市職員が配布するマンゴーを受け取る観光客たち

きょうから植物園で開催
 きょう3日と4日の2日間、第1回マンゴーまつり(主催・同実行委員会)が市熱帯植物園で開かれる。観光客へ同イベントへの来場を呼び掛けるとともに宮古島産マンゴーをPRするため、下地敏彦市長や市職員が2日午前、宮古空港で東京からの直行便で来島した観光客らに宮古島産マンゴーを無料配布した。 
 宮古島市制施行5周年記念イベントとして今年初めて実施されるマンゴーまつり。時間は両日とも午前10時から午後6時まで。宮古島産マンゴーや加工品の試食販売、品種紹介、苗木販売、マンゴーレシピコンテスト、マンゴーを懸けたじゃんけん大会などが行われる。
 
 空港でのPR活動には下地市長や平良哲則農林水産部長、関係課の職員が参加。カットしてパックに入れた試食用マンゴー約300人分(30㌔相当)と同まつりのチラシを、東京からの直行便で来島した観光客や空港利用者に配布した。
 
 マンゴーを試食した今村有佑さん(33)=千葉=は「宮古島がマンゴーの産地とは知らなかった。今まで食べていたマンゴーより甘くておいしい。ぜひお土産に買って帰りたい」、平石知子さん(�)=東京=は「昨年も来島したが、6月だったためマンゴーを食べることができなかったので、今年は楽しみにしていた。甘くておいしい。まつりにもぜひ、行きたい」と語った。
 
 下地市長は「宮古島産マンゴーは全国的にもブランド化してきている。今年は大豊作になると思うので、しっかりとPRをして、みんなにおいしいマンゴーを食べてもらって、元気になってほしい」との思いを示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!