08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
政治・行政
2012年10月6日(土)9:00

防犯カメラ 公共空間に設置/宮古島署

刑法犯増加で要請/市長「一括交付金で判断」


公共空間に防犯カメラの設置を要請した宮城署長(左)と砂川久義生活安全課長=5日、市長室

公共空間に防犯カメラの設置を要請した宮城署長(左)と砂川久義生活安全課長=5日、市長室

 宮古島署(宮城英眞署長)は5日、下地敏彦市長に犯罪が起きにくい社会づくりを推進するため公共空間に防犯カメラを設置するよう要請した。同署管内の刑法犯(窃盗、傷害、詐欺などの犯罪)が前年を上回って推移していることから行ったもので、要請を受けた下地市長は「一括交付金でできるなら考えてみたい」と設置に前向きな考えを示した。


 同署管内の刑法犯認知件数は、今年9月末現在で323件となり、前年同月の289件に比べ34件増えている。

 刑法犯は過去10年間で2002年の792件をピークに年々減少。08年に前年を上回ったがそれ以降は減少が続いていた。11年には386件となり、ピーク時の半数以下に減少した。

 要請で宮城署長は「10、11、12月の3カ月間でいかにして刑法犯の発生を抑え、減少傾向を継続させていくかが課題だ」と述べた。

 刑法犯の中でも車上狙いや自転車盗、オートバイ盗などの窃盗犯が増えている状況を説明した上で、犯罪の予防と被害の未然防止を図るためにも、公共空間に防犯カメラの設置が必要だと強調。県内の各自治体が一括交付金を活用し防犯カメラを設置した例を示しながら「観光客にも宮古島は安全だということをアピールできる」と話した。

 下地市長は「防犯カメラの設置は全国一律のもので、一括交付金の活用はできないものと思っていたが、認められている自治体があるのならすぐにでも申請したい」と設置に前向きに取り組む考えを示した。

 宮古島署管内ではコンビニやスーパー、金融機関などの設置率は100%だが、61カ所ある官公署のうち設置されているのは宮古拘置支所と県宮古事務所の2カ所だけという。

 防犯カメラの設置については、今年7月にも宮古島警察協議会の新城浩吉会長らが下地市長に要請している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!