08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
イベント
2012年10月17日(水)9:00

地元との一体感強く/NHK「純と愛」トークショー

夏菜さん「宮古と共に生きている」


 NKK朝の連続テレビ小説「純と愛」の出演者らによるトークショー(主催・「純と愛」市推進協議会)が16日夕、マティダ市民劇場で開催された。出演者は夏菜さん(狩野純役)、風間俊介さん(待田愛役)、武田鉄矢さん(狩野善行役)、森下愛子さん(狩野晴海役)、荻野清子さん(音楽担当)ら。山本敏彦制作統括がインタビュー形式で進めた。


 質問タイムで、狩俣小の児童が「ドラマで何を伝えたいのか」と質問したのに対し、武田さんは「宮古の人たちのように、誰にでも心を開く大らかな気持ちが主題になると思う」と宮古の人を持ち上げた。

 山本さんは、東日本大震災で多くの人が打ちのめされた中で「人はどんな困難をも克服して再出発できるとの勇気を純ちゃんからもらってほしいとのメッセージも込めている」とドラマ製作に懸ける思いを明かした。

 宮古との関わりについて武田さんは、40年前に新婚旅行で来たことや映画館で開催したコンサートにまつわるエピソードなどを紹介。宮古は、テレビの同時放映がされていなかった当時と比べ、隔世の感があると印象を語った。

 夏菜さんと風間さんは宮古に到着すると街を歩いた。至る所に「純と愛」のポスター掲示され、食事に入った食堂にもあった。

 風間さんは「街中のポスターにサインをしたいほどの思いに駆られた」と興奮気味。暗いイメージの愛さん役とは対照的な明るい一面を見せた。

 夏菜さんは「ポスターを見ると、宮古の人たちと共に生きている感じがする。市民の皆さんと触れ合える時間を持てたことはうれしい」と語った。

 荻野さんはテーマ曲は「なりやまあやぐ」をモチーフに作曲したとし、みんなが親しんでほしいと希望した。

 地元の高校生が舞台に登場し、花束などを贈呈した。

 最後に武田さんが夏菜さんと風間さんに「宮古を舞台に大きく成長してください」とエールを送った。

 トークショーは番組主要キャストとの交流や観光地宮古島のPRと2次、3次ロケの地元協力体制づくりなどを目的に開催した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!