08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
産業・経済
2012年10月20日(土)9:00

2億円の販売目指す/島外出荷用カボチャ

植え付けがスタート


カボチャを手入れする川満部会長=19日、下地上地

カボチャを手入れする川満部会長=19日、下地上地

 JAおきなわ宮古地区営農振興センターが取り扱う2012年度産島外出荷用カボチャの植え付けが、始まった。肥培管理を経て、初出荷は来年1月中旬ごろになる。農家数は144戸。出荷は745㌧、2億800万円を目指す。



 JAカボチャ専門部会の川満幸一部会長は今月9日に種をまき、現在、本葉が3枚ほど出た。


 幼いカボチャの側には敷草を敷き、暴風ネットを張った。ネットは、季節風による葉のこすれ傷を防ぎ、生育促進や菌の葉肉への侵入防止に効果がある。敷草は、葉の裏に泥が付着するのを防止して、生育を良くする。病気の予防にもなるという。


 カボチャは昨年、一昨年と、日照不足と長雨に見舞われ、2年連続不作となった。


 川満部会長は「今年こそは、天気に恵まれ豊作になってほしい」と願った。


 カボチャはひところ、宮古の主要作物に成長し、1980年のJAの出荷は2683㌧、6億3200万円に達した。その後、外国産に押されて激減。02年には63㌧にまで、落ち込んだ。そのころ、外国産残留農薬問題が発生。これを期に国内産指向が強まり、増産に転じた。


 07年には県が宮古島市を拠点産地に認定し、復活に弾みが付いた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!