08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
イベント
2012年11月6日(火)9:00

クイチャーの魅力発信/第11回クイチャーフェス

38団体が「伝統」「創作」披露


38団体が出演しクイチャーの魅力を内外に発信した第11回クイチャーフェスティバル(写真は池間クイチャー保存会の皆さん)=4日、カママ嶺公園多目的広場

38団体が出演しクイチャーの魅力を内外に発信した第11回クイチャーフェスティバル(写真は池間クイチャー保存会の皆さん)=4日、カママ嶺公園多目的広場

 第11回クイチャーフェスティバル2012(主催・同実行委員会)が4日、カママ嶺公園多目的広場で開催された。38団体が出演。各地に伝わる伝統クイチャーや趣向を凝らした創作クイチャーなどを踊り、その魅力を内外にアピールした。(別刷りで写真特集) テーマは「んなまからまい(これからも)んざがみまい(どこまでも)宮古(みゃーく)ぬ思い(うむい)」。


 午後2時から午後8時までの約6時間にわたり、時には勇ましく、時にはゆったりと動と静を織り交ぜたプログラムで観衆を引き付けた。

 フェスティバル中盤と最後には出演者と観客が一緒になっての「クイチャー大共演」。クイチャーの持つ歴史に思いをはせながら、五穀豊穣を願い全員で大地を踏みしめた。

 「伝統クイチャーの部」には、漲水や荷川取、砂川、多良間などから保存会や愛好会、
郷友らが出演。長らく途絶えていた地元のクイチャーを復活させた保良や新里からも昨年に続き参加し踊りの輪を広げた。

 初出演の東川根自治会がクイチャーで団結をアピールしたり、宮古では珍しい龍の舞が会場を彩ったほか、宮古から伝わったとされる竹富のクイチャーなどが初めて披露され観衆の目を引いた。

 大会長の下地敏彦市長(代読)は「各地でクイチャー保存会が結成されるなど地域活性化にも貢献している」と評価。県宮古事務所の黒島師範所長は「宮古の思いを観客と一体となって力いっぱい表現してほしい」と祝辞を述べた。

 実行委員長の下地暁さんは「文化は心のふるさと。これからも『大切なものは身近なところにある』をコンセプトに取り組んでいきたい」と決意を示した。

 創作の部の受賞団体は次の通り。

 【アパラギ賞】男塾武-Doo
 【パニパニ賞】太陽っ子隊
 【プカラス賞】ぶどぅれサンガ
 【エレガント賞】マブハイダンスグループ
 【特別賞】東川根自治会


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!