08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
イベント
2012年11月18日(日)9:00

物作りの楽しさ実感/市生涯学習フェス

きょう32団体が舞台発表



親子で物づくりの面白さを実感した体験コーナー=17日、市中央公民館

親子で物づくりの面白さを実感した体験コーナー=17日、市中央公民館

 第8回宮古島市生涯学習フェスティバル(主催・市教育委員会)が17日、市中央公民館で開幕した。各団体が活動成果をパネルや写真で紹介したり、体験コーナーでは物作りなどを通して親子が絆深めた。18日は、同会場で32団体による舞台発表が予定されている。



 フェスティバルのテーマは「学び育てる文化のまち みゃ~く(宮古)」。市民一人一人の学習活動への参加を促進し、生涯学習への一層の振興を図ることを目的に毎年開催されている。


 提示部門には13団体が参加。市企画政策部と働く女性の家は「男女共同参画展」と題し、4コマ漫画を展示。性別にかかわりなく人権を尊重しながら、個性と能力を発揮する社会の実現を訴えた。


 市老人クラブ連合会は、主催事業の運動会やゲートボール大会、リーダー宿泊研修会などの活動状況を写真で紹介。高齢者が参画する社会づくりをアピールした。


 宮古青少年の家は、子供たちの通学合宿や星座観察会、野外活動少年団などを写真とビデオ放映で紹介。自然との触れ合いで、健全育成を図る同施設の意義をPRした。


 物作りコーナーや実験教室は家族連れで大にぎわい。佐良浜小放課後子ども教室は、愛媛県から送ってもらったどんぐりを使いアニメキャラクターを作った。


 代表の仲間ひとみさんは「最近の子供たちは、塾や部活で忙しい。そんな中でも物作りを通して子供と地域の人たちが触れ合う時間をつくることが大切」と同教室の活動の意義を話した。


 宮古工業高校はロボット体験コーナーを設置。県アイデアロボットコンテストでアイデア賞を受賞したロボットの実演で人気を博した。


 この日披露されたロボットは、空き缶を最大14個まで積み上げることができる。製作者の一人、石垣拓哉君(3年)は「将来は、道路に落ちている空き缶を拾い集めるロボットとして活躍できれば」と話した。


 小、中学校の理科の教諭でつくる宮古地区理科教育研究所は、液体窒素やドライアイスを使った実験を通して子供たちに科学の楽しさを広めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!