06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
政治・行政 社会・全般
2010年6月23日(水)16:15

飲酒社会の実態浮き彫り/市議会一般質問2日目

6氏が登壇し飲酒問題や農業振興などで市当局の考えをただした一般質問

6氏が登壇し飲酒問題や農業振興などで市当局の考えをただした一般質問

検挙数増加に「憂慮」/未成年集団飲酒も深刻
 宮古島市議会(下地明議長)6月定例会は22日、一般質問2日目を行った。市当局は、宮古島署管内で飲酒運転による検挙者数が増加していることを報告。総務部長は「大変憂慮すべき事態」、福祉保健部長は「地域全体で適正な飲酒量に改善する必要がある」との認識を示した。未成年の集団飲酒については教育長が「学校、家庭、地域が三位一体となって取り組むべき問題」と述べるなど、飲酒社会の実態が改めて議会で浮き彫りになった。新城啓世氏への答弁。
 
 市によると、飲酒運転の検挙者数は16日現在で60件。昨年の1年間と同数となった。職業別では農業従事者が最多で、次いでサービス業、無職となっている。
 
 答弁で砂川正吉総務部長は、飲酒運転の理由として「これくらいなら大丈夫」「捕まらないだろう」が多数を占めていると説明。「飲酒運転に対する認識の甘さが背景にあると思われる」と指摘した。
 
 行政の取り組みとして「関係機関と連携し飲酒運転の根絶を目指し広報、啓もう活動を強化していく」と述べた。
 
 譜久村基嗣福祉保健部長は、市の健康増進計画の目標の一つ「適正飲酒」を挙げ①飲酒機会を減らす②飲酒を強要しない-の啓発、啓もう活動をあらゆる機会をとらえて継続していくとした。
 
 宮古島署管内の未成年による集団飲酒発生件数が15日現在で9件となり、県内14署のうちワースト1となっている。
 川上哲也教育長は「頭を痛めている」と述べ、問題解決への取り組みとして「教育事務所と連携し全学校を訪問している。学校周辺や夜間パトロールを実施する。定例校長会でも意見交換をしていく」と答弁した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!