08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
スポーツ
2012年12月7日(金)9:00

過去最多3336人が申し込み/第29回トライ大会

第1回選手選考委を開催


申し込み状況などについて説明を聞く委員たち=6日、市役所平良庁舎

申し込み状況などについて説明を聞く委員たち=6日、市役所平良庁舎

 2013年4月21日に開催される第29回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回選手選考委員会が6日、市役所平良庁舎で開かれた。選手選考委員長に大会競技委員長である本村博昭氏を選出。申し込み状況として過去最高となる3336人からの応募があったことを事務局が報告した。


 同大会のこれまでの応募者数は、最多が第11回大会の3264人、次いで15回の3253人だった。今回、応募は10月1日から11月31日(郵送は同9日)まで受け付け、インターネットから3134人、郵送で202人から申し込みがあった。一部、海外から書類未着分があることから、最終的には20人程度増えることが見込まれている。

 第1回選手選考委員会開催に先立ち、大会事務局長を務める下地信男観光商工局長が「史上最多のエントリーはうれしいことだが、選考で約半数にしてもらうこととなる。スムーズな運営に協力をお願いしたい」と呼び掛けた。選手選考委員長に選出された本村委員長は「回という節目に向け回大会は非常に大事。皆さんの意見を聞いて議事を進めたい」とあいさつした。

 委員会では事務局が申し込み状況や選手選考基準案、招待・優待選手、今後のスケジュールを説明。応募状況としては、6日現在で前回大会を363人上回る過去最高の3336人から申し込みがあったこと、招待、優待選手としては前回大会で総合1位だったアントン・ブロックヒン(ウクライナ)や同2位の西内洋行(兵庫)、同3位の平松弘道(神奈川)、女子1位のビーテ・ゴエーツ(ドイツ)ら国内外から計34人を予定していることなどを紹介した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!