07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
政治・行政
2012年12月20日(木)9:00

定期的な調査実施へ/市議会一般質問

海中公園海域 サンゴ移植も検討


 市の海中公園建設工事と水質汚濁やサンゴ死滅に関する問題で国に原因裁定の申請を行っていた申請人と市の間で17日に調停が成立したことを受け、長濱政治副市長は同海域での定期的な調査や、海業センターの運営費を活用したサンゴ移植を検討することを19日、市議会12月定例会一般質問で亀浜玲子氏の質問に対し答えた。


 市内のエコツアー会社代表社員が、市による宮古島海中公園工事と周辺海域の水質汚濁やサンゴ死滅との因果関係について、国の公害等調整委員会に法的判断を求める原因裁定申請を行っていた事案は、17日に申請人と市の間で調停が成立した。一般質問で亀浜氏は、調停条項で示されたいくつかの項目について市の対応方針をただした。

 それに対し、長濱副市長は▽今後の工事では波浪やしけによる汚濁防止幕の破損や汚濁防止幕設置区域外への汚水の流出、拡散などが発生することがないよう、工事の計画、施工に最善を尽くす▽サンゴの移植、移設、再生については海中公園周辺の状況を定期的に調査し、再生状況を把握する▽サンゴ移植は海業センターの運営費を活用した移植、移設ができないか検討する▽サンゴ養殖漁業者からサンゴの種苗の確保に努め、移植の手法などを検討し実証を重ねつつ実施する▽今後、専門委員会を設置し、宮古全域でのオニヒトデ被害状況を把握するとともに、海中公園周辺海域におけるサンゴ保全のため一括交付金を活用したオニヒトデでの駆除を行いサンゴの保護に取り組む-ことを行う考えを明らかにした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!