07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
政治・行政
2012年12月21日(金)9:00

三つどもえの可能性/多良間村長選挙

兼濱陣営で擁立の動き

 【多良間】来年6月に予定されている任期満了に伴う多良間村長選挙は、過去3回下地昌明村長と戦った兼濱朝徳陣営で擁立の動きが出ている。同選挙ではすでに現職の下地氏(61)と、新人で前副村長の伊良皆光夫氏(57)の両氏が出馬の意向を表明。今回、これに兼濱陣営が加わり、三つどもえの可能性が出てきた。


 兼濱陣営では今月上旬に、兼濱氏を支持する若者4、5人が話し合いを持ち、同陣営から擁立する方針を確認したという。同陣営の幹部は「立候補予定者は、兼濱氏とは限らない。政治、行政手腕の高い若者が2、3人いる。人選作業を進め、できるだけ早い時期に立候補予定者を決めたい」と話した。

 下地村長は、今年の村議会10月定例会で過去の実績として国営地下ダム事業が実現に向けて順調に進んでいることや1次産業が伸びてきたことを強調。その上で、今後について「観光産業など、取り組む余地はいろいろある」と述べ、続投へ意欲を明確にした。

 下地村長はその後、10月30日に、伊良皆副村長(当時)を解任。伊良皆氏はこれを受けて「『次の選挙に出てくれ』いう有権者の要望を拒む理由はない」と、対決姿勢を鮮明にした。

 多良間村長選挙は元村長安里茂男(故人)・下地現村長のラインと、元村長仲宗根玄常氏・同兼濱朝徳氏の流れがぶつかる戦いが1986年以来続いてきた。今回、伊良皆氏が立候補することで従来の対決構図が崩れ、支持勢力図も大きく変わるとみられている。

 現在村内では、表立った選挙活動は見られない。選挙活動者らは、本格的な動きはサトウキビ収穫終了後になると予想している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!