08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済
2012年12月26日(水)9:00

キビ操業が始まる/宮古製糖

トップ切り伊良部で/初日糖度の14度まずまず


安村社長(右から3人目)らがキビ束をベルトコンベアに投げ入れ、操業が本格化した=25日、宮古製糖伊良部工場

安村社長(右から3人目)らがキビ束をベルトコンベアに投げ入れ、操業が本格化した=25日、宮古製糖伊良部工場

 20012~13年産の製糖操業が宮古製糖伊良部工場(渡久山和男工場長)で25日、宮古地区のトップを切って始まった。今期は前期より2万㌧多い5万6000㌧を見込む。今後の冷え込みで甘蔗糖度の上昇が期待されている。


 同製糖多良間工場は年明けの1月6日、宮古本島の宮古製糖工場と沖縄製糖工場は8日にそれぞれ操業を開始する。 

 この日の原料搬入は392㌧、甘蔗糖度は最高が16・4度、最低11・9度。平均14・06度でまずまずのスタート。

 操業開始セレモニーで、宮古製糖の安村勇社長は「前期は台風などの被害で不作となった。当期のキビは11月ごろから順調に育ち、糖度は今後の冷え込みで緩やかに上昇すると期待されている。操業は安全が第一。無事故・無災害で陸上・海上の輸送にも万全を期したい」とあいさつ。

 長濱政治副市長は「農家のキビは余すことなく搾り、高い値段で売れるのが期待されている。農家のために立派に操業してほしい」と述べた。

 安村社長、長濱副市長、市議会の平良隆議長、宮古農林水産振興センターの與那嶺宏明所長、宮古地区トラック事業協同組合の奥濱貞夫理事長らが、稼働中のベルトコンベアに向かってキビ束を投げ入れ、操業が本格化した。

 次いで安村社長、長濱副市長らが鏡割りで景気づけた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!