06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
スポーツ 教育・文化
2010年6月13日(日)17:46

横浜FCあす来島/サッカー少年心待ち 初キャンプ、歓迎ムード高まる

応援幕を作り笑顔いっぱいの子どもたち

応援幕を作り笑顔いっぱいの子どもたち

 プロサッカーJ2の横浜FCのメンバーがあす14日、トレーニングキャンプのため宮古入りする。19日まで平良前福多目的運動場で集中的にトレーニングを行う。この間、高校生との交流試合や小学校訪問も実施。サッカー少年たちにプロの技を披露する。児童たちは応援幕やポスターを作って歓迎。あこがれのプロ選手の来島を心待ちにしている。 
 横浜FCのメンバーは14日午前10時ごろに宮古入り。空港では地元関係者が歓迎セレモニーを開く。15日から前福多目的運動場でトレーニングを行い、18日には平良第一、南、東、久松、北の5小学校を訪問し、講話やプロの技を披露する。
 
 19日午前は地元高校生と交流試合、同日午後にはサッカースクールを開く予定。
 
 宮古サッカー協会の松川英世会長は「プロのサッカーチームの宮古島キャンプは長年の夢だった。特にサッカー少年に与える刺激は大きく、心からうれしく思う」と歓迎。その上で「横浜FCの選手には豊かな自然を体感しながらトレーニングに励んでほしい。われわれサッカー協会としては次年度以降も宮古島キャンプを実施してもらえるよう万全な受け入れ体制を確立していきたい」と話した。
 
 横浜FCの来島に当たり、地元少年サッカーチームの児童たちは応援幕やポスター製作に奮闘。久松FCの子どもたちは12日午後2時から久松小学校で作業に取りかかった。
 
 応援幕を作り終えた子どもたちは満足した様子。キャプテンの陸真仁君(6年)は「横浜FCの選手から、いろいろなことを学んでうまくなりたい」と笑顔で話した。与那覇大輔君(5年)は「プロの選手の技術を近くで見たい。プロの技を見て自分もサッカーがうまくなれるように頑張りたい」と話した。
 
 コーチを務める上松朋子さんは「子どもたちにはいつも『夢があるから強くなる』と言い続けている。その夢の舞台で活躍しているプロの選手が宮古島に来てくれるということは子どもたちにとって良い刺激。プロの選手を見て、サッカーを楽しむ気持ちが大きくなると思う」と話した。
 
 作り上げた応援幕は14日、空港での歓迎セレモニーに持参。その後は選手たちの練習会場に掲示する予定。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!