08/09
2022
Tue
旧暦:7月12日 赤口 甲 
産業・経済
2013年1月7日(月)9:00

JAの出荷本格化/ゴーヤー、トウガン

本土の市場で高値販売


ゴーヤーの選別作業をてきぱきとこなす職員たち=6日、JAおきなわ上野集荷場

ゴーヤーの選別作業をてきぱきとこなす職員たち=6日、JAおきなわ上野集荷場

 JAおきなわ宮古地区営農振興センターが取り扱う2012年期作ゴーヤーとトウガンの島外出荷が本格化した。上野集荷場に農家が運び込むゴーヤーの1日平均入荷量は約1㌧。平均キロ単価は500円強で推移している。本土の端境期に出荷する宮古産野菜の取引価格は品薄もあり毎年高い。


 12年期作ゴーヤーの出荷は数量で前期比74㌧増の693㌧、販売額は同比2600万円多い3億1900万円を目指す。

 6日は約30人の農家が、約1・5㌧のゴーヤーを上野集荷場に搬入した。今期のゴーヤーは天気に恵まれ、光沢が良く緑も濃い上々の品質。職員は8人働き、品質やサイズを統一する選別作業をてきぱきとこなした。JAはブランド化のため、選別を徹底している。

 ゴーヤーの需要は、健康ブームに乗って年々増え、関東首都圏では主要野菜に成長した。ゴーヤーの出荷は3月にピークに入り、5月末ごろ終了する。

 トウガンは上野集荷場の一面に、ずらりと並ぶ。1日平均出荷量は、約1・5㌧。ケース(10㌔入り)単価は、2300円程度とまずまずの価格だ。

 宮古地区全体の出荷量は、前期実績より174㌧(19・5%)多い1070㌧を見込む。上野がこのうち800㌧(75%)を占める。10㌃当たり出荷計画は、上野が16・6㌧と他3地区(平良、城辺、下地)の10㌧より群を抜いて多い。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!