06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2010年6月8日(火)19:02

パイン栽培の普及進む/甘さ評判 作付面積は2㌶に

中元ギフトとして人気
 宮古島市でパイナップル(略称・パイン)の経済栽培が徐々に増えている。現在の作付面積は約2㌶、農家戸数が8戸。甘くてみずみずしい食感の宮古産パインは、中元の贈り物として好評を博している。一部の畑では、収穫が始まった。
 パインは県内では、酸性土壌の沖縄本島北部と石垣市が、主産地。アルカリ土壌の宮古には向かないとされていたが、近年土壌を選び栽培されるようになった。
 
 農家らはパイン栽培のメリットに①台風、干ばつに強い②肥培管理、収穫が容易③農薬がほとんど要らない-などを挙げている。
 昨年初めて収穫した吉本光吉さんによると、平均糖度は県内の15~16度を上回る20度。甘さは土壌と大きく関係するという。
 1個平均の重さは1.8㌔で、3㌔のビッグサイズもあった。1個平均の価格は、大きさにより500~1000円。地元店舗での販売のほか、中元の贈り物用として本土や地元の人の注文も多かった。
 
 宮古島市の担当者は「宮古産のパインは、酸味より甘さが際立つ。島外産とは、ひと味違う」と太鼓判を押す。
 
 収穫は今月下旬から本格化し、ピークは7月中旬、9月末ごろに終了する。
 パインは、植え付けから2年後に収穫され、10㌃当たりの作付本数は3000~4000本は可能という。吉本さんは「1個平均の価格を最低の300円で見積もっても、10㌃当たりの所得は100万円になる。宮古の特産品として有望」と話す。
 
 栽培する場合は、事前の土壌検診が必要になる。酸性、アルカリ性の度合いを測定する土壌のPH分析は、県宮古農林水産振興センター農業改良普及課で、随時受け付けている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!