08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
産業・経済
2013年1月24日(木)9:00

ハーベスターフル稼働/刈り置き増え品質低下

過剰収穫、伝票調整も


フル稼働するハーベスター=23日、下地川満

フル稼働するハーベスター=23日、下地川満

 宮古本島でサトウキビを収穫しているハーベスターは天気に恵まれ好調に稼働している。8日に操業を開始した沖縄製糖宮古工場には22日までにハーベスターで刈り取った原料(キビ)は9500㌧搬入され、手刈りを含めた総搬入量2万4500㌧の約4割を占めた。好天は一方で、過剰収穫を生み出し品質に悪影響を及ぼしている。


 沖糖の砂川玄悠専務によると、収穫してすぐに搬入する新鮮原料だと約90%見込める純糖率は87%程度に低下した。

 砂川専務は「キビは刈り置きすると糖度が低下し重量も減る。原料の鮮度低下は工場だけでなく農家の損失にもなる」と指摘。その上で、同状況解消のために収穫は「原料員の指示に従って行うように」と呼び掛けた。

 製糖工場は逆に雨が続くとハーベスターが止まり、ラインのスロー運転や操業停止を余儀なくされるケースがある。沖糖では現段階で、日量2000㌧を超えるフル操業が続く。ただ、今後の天候次第で1150㌶(全収穫面積の約6割)のハーベスター利用申込を消化できるかの不安要素がある。

 沖糖管内のハーベスターは、14日から22日まで9日間大雨が降らず好調に稼働した。沖糖管内で稼働しているハーベスターは40台。下地川満の畑では23日、キビを刈り取って短く切り袋詰め作業をする小型ハーベスターが見られた。作業に携わる職員の一人は「今後も雨が降らず、順調に稼働してほしい」と願った。

 会社勤めと兼業でキビを栽培している畑の持ち主の男性は「サラリーマンにとってハーベスターは助かる。手刈りだと収穫できるのはせいぜい0・5㌶。今期はハーベスター利用を前提に春植、株出を取り入れて1・5㌶に増やした」とハーベスターの効果を強調した。

 宮古製糖城辺工場管内でもハーベスターは順調に稼働している。

 ハーベスターは、農家の高齢化に伴う労働力不足緩和や収穫コストの低減を目的に1989年ごろから導入が始まった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!