06/30
2022
Thu
旧暦:6月2日 先勝 甲 
イベント スポーツ
2010年6月6日(日)19:27

サイクリングで自然満喫/第3回ツール・ド・宮古島 270人参加

宮古の景色を楽しみながら自転車を走らせる参加者たち

宮古の景色を楽しみながら自転車を走らせる参加者たち

 第3回ツール・ド・宮古島2010(主催・宮古島市ほか)のサイクリングの部が5日、下地公園前をスタート、フィニッシュ地点として行われた。60㌔の部に 76人、100㌔の部に194人の計270人のサイクリストが参加。それぞれが宮古の風を感じ、景色を眺めながら、思い思いのペースで島を巡った。 
 午前中から青空が広がったツール・ド・宮古島の初日は、気温27度を超える暑さの中、スタートを迎えた。参加者へ「ようこそ、ツール・ド・宮古島へ」と歓迎のあいさつをした長濱政治副市長は「宮古の風となって、自然を満喫し、サイクリングを楽しんで」と呼び掛けた。

 
 100㌔の部は正午、60㌔の部は午後0時5分にスタート。100㌔の部は下地公園前を出発後、来間大橋を経由して国道390号に入り、パイナガマビーチ前などを通って北上。池間島を1周した後、宮古北海岸方面から東平安名崎、イムギャーマリンガーデン、うえのドイツ文化村前を通って下地公園へ。60㌔の部は来間島へは渡らず、国道390号を上野、城辺方面へ。宮古製糖城辺工場手前で北へルートを変え、中休を通って北海岸沿いへ出て、100㌔のコースに合流した。
 
 笑顔でスタートした参加者たちは、自己記録更新や完走など、それぞれの目標を目指し、ペダルをこいだ。来間大橋や池間大橋、東平安名崎などでは、宮古の海の美しい景色に思わずバイクを止め、記念撮影を行う参加者も多く見られた。
 
 コース上に計8カ所設置されたエイドステーションでは、水分だけでなく果物や黒糖などでエネルギー補給しながら、参加者同士でコースコンディションを確認したり、「風がなく、走りやすい」など感想を語っていた。
 
 100㌔、60㌔を走破し、フィニッシュゲートをくぐる時には、両手を上げたり、ガッツポーズなどをして喜びを表現していた。
 
 きょう6日は午前7時に100マイル(160㌔)、同7時10分には100㌔のロードレースがスタートする。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!