07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
イベント
2013年2月3日(日)9:00

おきなわ花・食フェス開幕/奥武山公園

地産地消テーマに3日まで


「おきなわ花と食のフェスティバル2013」が関係者のテープカットで開幕。早朝から多くの来場者が各種コーナーが設けられた会場内を回っていた=2日、那覇市の奥武山総合運動公園

「おきなわ花と食のフェスティバル2013」が関係者のテープカットで開幕。早朝から多くの来場者が各種コーナーが設けられた会場内を回っていた=2日、那覇市の奥武山総合運動公園

 【那覇支社】県内で生産される新鮮で良質な農林水産物や加工食品を広く県内外にピーアールする「おきなわ花と食のフェスティバル2013」(主催・同推進本部)が2日、那覇市の奥武山総合運動公園で開幕した。地産地消をテーマに「てぃだサンサン食べたらがんじゅう沖縄産!」をキャッチフレーズにして、花き、野菜、果実などの園芸作物や、畜産、水産物などを展示即売し、県民理解と消費拡大、生産振興につなげることを目的にしている。きょう3日までの2日間、会場では、さまざまなイベントが催され、多くの来場者でにぎわう。


 同フェスティバルは午前9時半に上原良幸副知事、同推進本部長を務める砂川博紀JAおきなわ理事長、小那覇安優県農業協同組合中央会会長ら関係者のテープカットで幕を開けた。開会式であいさつした砂川理事長は「フェスティバルでは食と健康に関する県民参加型の各種イベントやアトラクションを催す。食文化の創造、再発見を体験してもらいたい」と来場を呼び掛けた。

 来賓あいさつした上原副知事は「県産農林水産物や加工品が数多く展示販売され、多彩な調理法の紹介など、新しい魅力を発見する貴重なイベント。多くの県民が来場し新鮮で安全な逸品に触れ、地産地消の機運が広まることに期待する」と述べた。

 昨年、同フェスティバルには過去最高の15万8000人が来場。県内最大の農林水産業のイベントとして定着し、宮古からも大勢の人たちが訪れた。

 イベントでは県農林漁業賞や「沖縄、ふるさと百選」認定証交付、品評会表彰、フラワーアレンジメント表彰などの式典が催されるほか、県産品を活用した飲食店メニューの試食コーナーや島野菜スイーツ体験教室など151にも及ぶブースや即売場が設営されている。また、会場内の県立武道館では品評会で優秀な成績を収めた果実、野菜などが展示される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!