08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
教育・文化
2013年2月5日(火)9:00

野原でサティパロウ/国指定重要無形文化財

「ホーイホーイ」と練り歩く


子供パーントゥを先頭に集落内を払い清めた参加者ら=4日、上野地区野原集落

子供パーントゥを先頭に集落内を払い清めた参加者ら=4日、上野地区野原集落

 国指定の重要無形文化財「サティパロウ(里払い)」が4日、上野地区野原集落で行われた。子供パーントゥらを先頭に後方の女性たちが「ホーイホーイ」と唱えながら集落内を練り歩き、厄除・招福した。


 毎年旧暦12月の最後の丑の日に執り行われる悪霊払いの伝統行事で、起源は明確でない。

 仮面をかぶった子供パーントゥと小太鼓を叩く子供、ホラガイを吹く子供らが一緒に並んで先頭を歩いた。後ろからは女性たちがクロツグ(方言名マーニ)とセンニンソウ(同タドゥナイ)で組んだ草冠をかぶり、草帯を腰に巻き、両手に悪霊払いのヤブニッケイ(同ツッザギー)の枝葉を持って続いた。

 道路の四辻では二重の円をつくり、外側の女性たちが内側の子供パーントゥらを見守った。女性たちは、内側に向かって「ウルウルウルウル」と唱えた。

 再び子供パーントゥらが一番先に歩き、後続の女性たちと一緒に払い清め、福を招いた。

 パーントゥ役を2年連続務めた上野小6年の久高要太君は「良い思い出となり、とても楽しかった」と感想を話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!