08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
スポーツ
2013年2月12日(火)9:00

憧れの選手と練習/オリックスが野球教室

坂口選手の指導を受けながら打撃練習をする子どもたち=10日、宮古島市民球場

坂口選手の指導を受けながら打撃練習をする子どもたち=10日、宮古島市民球場

 プロ野球オリックス・バファローズの選手が指導する少年野球教室が10日、宮古島市民球場で行われた。12チームから250人の球児が参加し、坂口智隆、T-岡田、駿太外野手ら憧れのプロ野球選手から野球の基本を教わった。子どもたちは、時折お手本として披露されるプロの技に感動。パワーとテクニックを目の当たりにしながらプロ野球選手との貴重な時間を過ごした。


 開会式で宮古青年会議所の富山忠彦専務理事は「きょうは子どもたちにとって待ちに待った貴重な時間」とオリックスの選手に感謝。その上で「この教室を通して新しいことに気付き、いろいろな発見を持ち帰って日々の練習で生かしてください」と子どもたちに呼び掛けた。

 上野オリオンズの大嶺里王主将は「教えてもらうことを試合で生かしたい。ぼくたちも日本一を目指して頑張るので、オリックスも優勝して、来年も宮古に帰ってきてください」と話した。

 教室では、坂口、T-岡田、駿太選手のほか、安達了一、平野恵一、バルディリス、ロッティーノ、県出身の比嘉幹貴選手らが守備と打撃の基本を指導した。

 キャッチボールではボールの正しい握り方を指導し、守備練習では捕球する際の姿勢、打撃練習ではボールから目を離さないための基本的な動作を確認した。プロの選手がお手本でトスバッティングを披露すると子どもたちは大喜び。「すごい!」と目を輝かせていた。

 駿太選手は打撃について、「ホームランとか大きな当たりを打ちたくて顔が上がってしまうことがあるが、これは良くない。最後までボールをしっかり見るように」と助言した。

 閉会式では宮崎祐樹選手が「きょう教えてもらったことを生かして、将来はプロ野球選手になってほしい」と激励を込めた。

 少年野球チームの鏡原の伊佐龍之介君(5年)は「プロの選手の教え方はすごかった。打つときの体勢とか詳しく教えてもらった」と感激の様子。下地の川平裕太君(5年)は「ゴロを捕る姿勢とかとても勉強になった。日々の練習や試合で生かしたい」と感想を話していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!